DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

行っテマエ・ローマへ・・・。 (テルマエ・ロマエ)

温泉MARK

おフロ場に広がった湯気の、
柔らかにしてほんのり温かいミスト・・・

気持ちがラクになったり、癒されたり、
優しく包まれてるとココロがウエットになるのは、きっと
カラダに水分が満たされるばかりが理由ぢゃないよね!?

敢えて言おう
「お風呂はローマやトルコにも負けない世界遺産級文化であると!!」

・・・てなワケで、観てきましたともさ「テルマエ・ロマエ」。

タイムスリップが時と場所を越えるかどおかの素朴な疑問は置いといて
≒1900年の時空を潜り(笑)、現代日本の銭湯にスッポンポンで現れた
ルシウスの、いちいち想定外のリアクションに「クスクス・・」
阿部寛の見事に割れてる腹筋に「ほお・・・!」
これでもか!と出てくる、見覚えのある「七ツ洞公園」のロケーションに
  「おおッ♪♪」

page七ツ洞公園


ドミンゴのオペラ・ナンバーと、テーマ曲の「誰も寝てはならぬ」に彩られた
古代ローマと2012年の世界、濃い顔と平たい顔が織りなすリアルな可笑しさ。

フルーツ牛乳、人力ジャグジーから、壁の富士山、手桶の「ケロリン」に至るまで、
直勘と勘違いのフルブーストで、古代ローマにもたらされる現代浴場の「粋(SUI)」。

ハドリアヌス皇帝の市村正親、ケイオニウスの北村一輝、アントニヌスの宍戸開・・・
さすがは日本屈指の濃い顔が演じる、何気に違和感の無い古代ローマ人。

劇場に笑いと、お風呂へのオマージュをミストのごとく満たしたコメディーは、
バカバカしくも、観たあとテルマエ(公衆浴場)に浸かりたくなる効果バツグンでした。

・・・で、モノは相談だけど・・・

やっぱり、「平井堅」も入れようよ!(笑)



スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<京都土産と行方不明データ。 | HOME | 4分/173年。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。