DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コクリコ坂から・・・

劇中の言葉を借りれば「まるで安っぽいメロドラマ」。
出生の秘密・・という、使い古されたネタでさえ、
あきらめない恋をまっすぐに駆け抜けた、
ジブリの描く青春はちっとも古臭くなかった。

未舗装の道路をゆくオート三輪、もはやアニメでしか再現できない風景。
懐かしい時代の道具たちが躍るスローライフ。

少年も少女もストレートに生きてた1963年、横浜。
経済成長、オリンピック・・古きを壊して新しきを求める風。
誰もが上を向いて歩こうとしていた。

海を臨む坂の上で今日も信号旗を揚げる少女「海」と、
「MER(海)」と返信の旗を揚げるタグボートの少年「俊」。

文芸部の新聞の片隅に載った「少女よ、なぜ旗をあげる・・」という詩が結んだ縁は
由緒ある文化部部室棟の保存か否かの騒ぎの中で、静かにその距離を縮め、
自転車の二人乗りで寄り添う背中にドキドキ・・した。

なのに二人に突きつけられた現実は、同じ父親の写真・・・
「どうすればいいの・・・」オスカー女優でさえ難しいだろう、
綯(な)い交ぜになった海の切なすぎる表情には、ココロをつかまれた。

不安を紛らすように、揺らさぬように、重ねる平静を装う日常・・・
それでも「好きだ」と告げた海に、応えた俊が見送る路面電車。

父と母の過去を知り、想いあふれて母の胸で流す海の涙に
想いを汲んだ大人たちは真摯に動く。

亡き父の真実を知る、父の旧友に会うために
夕陽に傾き始める街を駆け抜ける二人。

そして・・・

夕陽のタグボートから初めて二人、丘の上の旗を見る。
「航海の安全を祈る」信号旗が晴れ晴れと翻る坂の上には
今日も、大事な人への想いを届ける風が
コクリコ(ひなげし)の花を揺らしているに違いない。


umi.jpg


1963年には2歳だった身ではありますが、ノスタル爺ィ~な気分に浸れる作品でした。



スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<瞬く光のワケ。 | HOME | 体育祭>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。