DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

モナコを観ずしてF1は語れない。

・・・とか言いつつ、スペインGPを見逃したりするヲトコです。

バトン、アロンソ、ハミルトンにシューマッハ・・4人の新旧ワールドチャンプに、ウェバー、ベッテル。
ツワモノひしめく今シーズン、優勝者は毎回ネコの目のように変わり、
戦国時代と言われた過去シーズンを軽く一蹴する勢いは、
「ザッツ、マジで戦国時代!!」

さて、シューマッハも舌を巻く、その速さでモナコ市街地コースを制したのは
「紅い跳ね牛・・」レッドブルのウェバー、ルノーのクビサ。
もはやガラパゴス化された様相の、別次元の走りはめっちゃエクセレント!!
・・てなワケで、ポール・トゥ・ウィンで連勝のウェバー、ベッテル、クビサは放ッといて、
今回のキーは、圧巻のアロンソ・オーバー・テイク・ショウ!!
モナコである事を忘れちまいそうな、そのゴーカイで鮮やかな刺しテクは、まるで風。

over take

でもねえ、ちょっとヌカっちゃったねえ、アロンソ。
4回目のセーフティーカー導入で、このままレース終了かと思われたファイナルラップ、
セーフティーカーがピットに引っ込んでからのコントロールラインまでの間に
まさかのシューマッハにブチ抜かれ7位フィニッシュ・・・
いつぞやの確執の仕返しされた??
行ける時には行け、ッて言われてたから行っただけ・・さらりと言ってのけたけど
モナコ・マイスターにあのセコ技を披露されたら思わずニガ笑い!?
結局はペナルティー食らって12位になっちゃったけどね。
最後まで楽しませていただきました!!

なんてやってるうちに、もうトルコGP。なにやらまたウェバーがポールらしい!?




スポンサーサイト
F1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

WANTED !

桃ラー2

巷ぢゃ、もはや入手困難・・とウワサの
「桃ラー」こと、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。
どっちなんだ!とツッコミたくなるネーミングだけど、味はサイコ~~!!
茹でたてのプレーンなパスタに混ぜて良し、炊きたての白いゴハンに良し、
冷や奴に乗せてヨシ、おそらくはトーストに塗っても・・・
恐ろしいほど何にでもよく合う、食材の、メインだって喰っちゃう名脇役!!

・・・でもそれ・・カミさんの管理下・・なんだよね、
たった一コだけだし、それももう半分切ってるし・・・!!
使う量にカミさんの鋭い視線を感じる、今日この頃・・・。

あげせん2

そして、どうやら群馬で売ってるらしいお煎餅の「あげせん」。
群馬の熱狂的ぱるるんリスナー「冬物語」クンからのお土産は
ふんわり感とカリカリ感の両立、コテコテ感なく揚げた、
軽~い醤油味は間違いなくアト引きまっせ~~
「ごちそうサマ~~♪♪」




試食 | コメント:4 | トラックバック:0 |

参観日と甲冑飾り。

gakko.jpg

ピーカンの日曜日。
ムスコの高校で授業参観があってねえ、
来なくてイーです・・ッて言われたンだけど、
電柱の陰からそっと見守る「巨人の星」の明子姉ちゃんよろしく
ナイショでコソッ・・と見てきたンだよね。
とりあえず、アクビ、居眠りはしてなかったぞッと。
マジメにやってるみたいでひと安心!?

久しぶりに校舎のキュキュッ・・と鳴る廊下や
チョークのホコリっぽい匂いを嗅いだら、
特に自分の母校でもなんでもないのに
なんだかとっても懐かしい気分になった。

授業中の窓から見た、あの水平線。
あの頃と同じ気持ちや心境で眺められるコトは
もう二度とはないだろうけど、

もう一度、見てみたくなった。

ムスコよ。
この3年間、決して無駄に、無為に、過ごすでないぞ。
校舎サマ。
これからの2年11ヶ月とちょい・・彼らをよろしく見守ってやって下さいまし!!


kabuto_convert.jpg

・・・で、帰ってから五月飾りの甲冑をお片づけ。
ううむ、見れば見るほどガンダムっぽいなあ甲冑ッて!?

お片づけ_convert


「足なんて飾りですよ、エライ人にはそれがわからんのです・・・」

また来年まで、達者でなあ!!






デキゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |

世界に一つだけの花。

tutuji-horz.jpg

風の強いある日、ベランダに黒い点が落ちていた。
よく見たら「マルハナバチ」だった。
丸くてちいさなカラダ。ツヤツヤした黒い毛にお尻の先のまぶしい黄金色の毛。
そのカラダを空に浮かすには釣り合いそうもない翅。
そんなムチャなセッティングで空が飛べる・・ッて、まるで最小単位のキセキ。

花は争わない、自分は自分、世界に一つだけの花・・・という誰でもが知っているあの歌。
キレイ事を抜かしてるようでなんだかイマイチ、消化しきれないモノを抱えてた。
でも、ツツジの花の間を不器用そうにフラフラ・・と飛ぶ、マルハナバチをイメージしたら
ある事に気が付いた。

進化のレースは「淘汰」という、闘いだと思ってたけど、そうじゃなかった。
動けない自分の子孫を出来るだけ広範囲にたくさん残す・・
そのために花が選んだのは、花粉を運ぶ仲介者を匂いや蜜で惹きつけるコト。

花にニンゲン並みの性別があったなら、きっとヲトコだと思う、
自分の花粉を運んでくれるハチやチョウを惹きつけようと
懸命になってカノジョたちのお気に入りになろうとする。
その努力が世界に一つだけの自分を創り出し
カノジョにとっての一つだけの・・いや、カノジョのためだけの、
キレイな花を咲かせるンだ。

マルハナバチに恋い焦がれ、マルハナバチのためだけに咲いた花・・・
そんなキセキが世界には、きっとたくさんあるのだろう。







| コメント:0 | トラックバック:0 |

思いをカタチに。

生意気なクチをいくらきいてても、
大っキライ!とそっぽ向いてたりしても、
家族のために動き回る、その姿を
それぞれみんな、ちゃんとわかってる。

だからなんか、カタチにしなきゃいられないンだ。
感謝のキモチをカタチにね。

母ァネーション2

昼間、カミさんが留守のうちに、ムスメが買ってきた
ピンクとレモン色のカーネーション。
ブリキにホーロー仕様のフラワー缶にリボンをつけて
ヲイラがアレンジ・・
部活で帰りが遅かったムスコは、
気に入ったカーネーションを選ぶのに手間取ってたらしい・・

みんなの思い、こぉんなカタチになりました。






季節モノのお話 | コメント:2 | トラックバック:0 |

配達されない母への手紙・・・

前略、そっちの暮らしはどうですか?
兄貴やムスメとうまくやってますか?
早いものでアナタと入れ替わるように生まれたムスメは中学生に
ムスコは高校生になりました。
泣いたり笑ったりケンカしたりジャレ合ったり・・
オレやカミさん含めて、こちらは相変わらずニギヤカです。
それはそうとこないだ、坂の上に引っ越しました。
今度の部屋は3階だから、前よりほんの少しだけ
そっちとも近くなったかな!?

悲しいとか寂しいとか、そんな思いじゃなく
いつも楽しい記憶の中のアナタを覚えています。
途方もなく遠い所だけど、いつでもどこでも見上げれば
近くに居る気がしています。

いつでもお日様のように、見守ってくれて「ありがとう」。

・・・今日もどこかで千の風になっている、母上サマ。
             
         アナタの不肖のムスコより


サルビア




             

ぱるるんメールアーカイブス | コメント:6 | トラックバック:0 |

ボクらの「スタンド バイ ミー」


水たまりを飛び越える
最初の一歩が踏み出せなくて、

何度も行こうか止めようか

傍から見ればくだらない、
ソンナコト・・と言われるプライドにさえ
迷う瞬間がボクらの「スタンド バイ ミー」。

自分を疑わない事、怖さを知る事、
信じるチカラが背中を力強く押す時、

ボクらはきっと、あの向こう側にいる。

鈍く光った水たまりに映った、
雲さえ飛び越えられるのだから。



mizutamari.jpg





吟遊詩人・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。