DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久しぶりの再会。

3月18日。
久しぶりに千波湖畔の近代美術館へ。

musiam_convert.jpg

お目当ては、アントワープ王立美術館コレクション展。
・・とゆうても、ルネ・マグリットの作品が来てるから行ったようなもん。

musiamhall_convert.jpg

足元の靴音さえ、はばかられるような静かなフロア。
外の陽射しとはまるで一線を画すような時間の流れる展示室。

抽象画とか、現代アートの類い、シュールレアリズムみたいな
一見しても、何べん見てもよく解らないような作品を、
特に理解しようともせずに、ただ感覚的に眺めてるのが好きなんですワ。

マグリット_convert

もちろん、久しぶりに来日の、マグリットの作品にも会ってきましたよ。
今回の目玉は、パンフレットの写真にもある「9月16日」。
どうやら日本初上陸・・の作品だったらしい。
しばし、その前に立ち尽くし、眺めまくり、ゆっくりとその空間に遊んで参りました。

ベルギーの生んだ巨匠、マグリット。
自分の中で、その絵とそのタイトルの相関関係が理解できたコトは・・・
ハッキリ言って「ほとんどない!」。
次に作品に会えるのはいつかなあ・・・!?



スポンサーサイト
デキゴト | コメント:2 | トラックバック:0 |

(株)乙女天ぷら堂プレゼンツ・・ 3月22日。

ハーモニーホール2

久しぶりに訪ねるハーモニーホール。
目的は「乙女天ぷら堂」プレゼンツ、「ペテン師が笑う頃に」公演。

ペテン師

乙女天ぷら堂代表、じゅんのじの病気療養後、待ってました・・の初舞台。
30人も入ればほぼ満員!の小さなハコ、舞台は階段とその踊り場・・という、
かなりなミニマム舞台ではあったけれども、どこで・・だろうと、舞台装置なんかなくても、
その場をハナシの雰囲気に取り込んでしまう面白さはさすが。

殺し屋バイト希望、集団自殺希望、一攫千金希望、臨死体験常習者・・・
地下へ向かうか、空に向かうか、踊り場に集った男女4人。
それぞれの事情とコノ世へのしがらみを抱え、
死神ともエンマ様の使いとも知れない「初音サマ」と対峙する。

ダマしてでもアノ世に連れて行きたい初音サマ。
死にたがってたクセにいざ・・となると二の足を踏む・・いや、
ゲンヂツを認めようとしないグダグダ・・な連中。
出口も入口もない、アノ世でもコノ世でもない場所に繰り広げられる
自分をダマし続けたペテン師たちの「脱出劇」。

中野英樹扮するヤマモトのココロに響く声が叫ぶ
「お前が望めば出口はある!まだ間に合う! 走れ!!

kokoro_convert.jpg


・・・昨年8月、水戸演劇フェスティバル参加作品として舞台化された「ココロ」も
5月上旬、新キャスト、新たな脚本にて新宿シアターサンモールで再演決定!
もちろん、乙女天ぷら堂プレゼンツ。 乞うご期待・・でございます。




デキゴト | コメント:0 | トラックバック:0 |

コミケット水戸、3月22日。

コミケット水戸

ハーモニーホールに用事があったから昼下がりの南町に行くと、
ワッサワッサ・・と、ン十年前の週末の上市を思わせる人出。
例年ビッグサイトで催されてるコミケが水戸に上陸してたらしい・・

大通り沿いの商店には「コミケ歓迎・・」の花飾り。
ユニー跡地のパーキングにはいつの間にやら屋台村?!
芸術館の広場には赤や緑の髪したコスプレイヤーと、ギャラリーのカタマリ、
街中にあふれる熱気と、オレンジのスタッフ・ジャンパー。
スキマさえありゃ出現する休憩スペースに、食い物カンケーの屋台。

2日間で2万人だか3万人だかの動員だって。
よく分らんけどコミケ・・・ッて、スゴイもんなのね!!
・・ところで商店街の方々、儲かったのかなあ??



デキゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |

卒業おめでとう!!

グラディエーション

デキゴト | コメント:5 | トラックバック:0 |

グッドラック & グッバイ 。

明日の・・いや、ホンヂツのためにビデオカメラのメモリを空けようと、ただ今ダビング中。
今となっては懐かしい部屋の中で、
2年前のムスコがチョコレートを溶かしてWデーのお返しを作り、
その傍でムスメが歌い、踊り、笑い転げ、
カミさんが声だけの登場でアメリカのホームコメディみたいに笑い声を入れる・・・
もちろんカメラマンは「サウンド・オンリー」。

2年前だというのにまるで別人のように高い声のムスコ。
そういや顔も、ややタマゴ型のまだまだ可愛いカンジ。
・・たった2年で変われば変わるモノ。
声は低くなった代わりに背が、ビミョーにヲイラを追い越した。

まだまだ映像は続く。テニスの試合、ピアノの発表会、持久走大会、運動会に校内合唱コンクール・・・
流れる思い出と記憶のカケラがスターター・プラグとなって、流れ出すアノ日の記憶。
2人とも、ホント~に大きくなったもんだ。

TS3H0933.jpg

映像の最後はガラン・・とした部屋。
限りなくニギヤカな声と家族の密度が充満してた空間は、なぜか思うよりも広い気がした。
カベの穴も、フスマのヨゴレも、色の褪めたタタミも、すっかりリセットされて
今ごろは次の住人の新しいドラマを待ってるンだろなあ!?

17年・・暮らした部屋にありがとう。
3年間・・お世話になった学び舎にありがとう。
6年間・・成長を見てきた校庭にありがとう。

ボクたち / ワタシたちは今日・・ / 

この学校を / あの部屋を /

思い出と / 希望を胸に / 

卒業します!! 




ヒトリゴト | コメント:2 | トラックバック:0 |

氷山から雛・・・

ホンヂツの暖かさでフローリングの海から氷山が消えました!

代わりに姿を現したのは・・・

3段飾り 2

例年、親王飾りで済ましてきた雛人形。
広い部屋になったことだし、今年は久しぶりの3段飾り!
ムスコと二人、配置や小物の確認をしながら
ああでもない、こうでもない・・と、試行錯誤の末にようやく完成。

やっぱエエなあ。なんだか和むし。
広いお部屋の居心地はいかがですか??



デキゴト | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。