DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヲトナになって失くしたモノ (ニッポン人の忘れ物)

子供の頃、よく忘れ物をした。
ランドセルを忘れて家を出たり道草の帰り道に置き忘れたり。
思えば何かに夢中になると他の事はどこかへいってしまうらしい。

当時、流行りだったブーメランを何度かねだってやっと買ってもらった。
なのに暗くなるまで夢中で遊んで気が付いたら見た事もないブーメランを握っていた。
あの時、誰と遊んでたんだっけ?
校庭を何度も探したけど見つからなかった。
泣いて悔やんで仕方なく諦めて、しばらくそれを使ってたけれど、
じきに飽きて何度か引っ越すうちにどこかへいってしまった。

あのブーメラン、探しに来た子はいたのかな?
その子もやっぱり泣いただろうか?
新しいのを買ってもらっただろうか?
あんなに泣いたのはあの時以来、記憶にない。
「へ」の字をしたあのブーメラン。
遊んでいる子も見ないけど何かの拍子に思い出す度に、そんな思いが頭を巡る。
そして、あの頃の不思議な集中力を羨ましいとも思ったりする僕なのだ。

ブーメラン2

・・・はづかしながら「めざましTV」に投稿してみました。
結果はボツ! やっぱもっと分かりやすいエピソードがないとダメかあ・・・
でも、400字作文の面白さはかなり楽しめたかな。
文字を切った貼った、表現を変え、分かりやすくシンプルに・・

やぁッぱ文章のパズルは面白い。




スポンサーサイト
ヒトリゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |

THIS IS IT

難儀なことに人は、無くしてからじゃなきゃ気が付かないコトが多い。
大切なもの、大事な人、かけがえのない思い・・・

This Is It

上映開始5分でそれを思い知らされた。
細胞の隅々までもが、まさにマイケル。
それが残らず一つに至るまでカンペキに同調されたダンス。
あの頃となんら変わるコトのない軽やかなステップ。
耳に馴染んだナンバーが新しいカットを得たダイヤモンドのように輝き、
初めて聞いたあの日のようにココロを揺らし、カラダを揺らすビート・・・。

同じ場所に立てるのが夢みたいだ・・と言ったダンサー、
夢がかなった・・ッて歓喜したコーラス、ミュージシャンにスタッフ。
「GIVE YOU ALL・・」の合言葉の下、サイコーのパフォーマンスを誓う、熱い思い。
そして、地球の自然環境を憂えるマイケルの思い。
いろんな人のいろんな思いを乗せてマイケルは歌う。
だから彼の歌はこんなにもボクらのココロを揺らすのだ!

スムース・クリミナルのストレートなビート、ビート・イットの間奏の圧倒的なギター、
思わず躍り出しそうな衝動に駆られたブラック・オア・ホワイト・・・
クライマックスの「マン・イン・ザ・ミラー」。熱くて強い、大きな思いに触れた・・と思ったら、
感極まって鼻をすすってた。
ド肝を抜く発想、奇想天外なステージ・・できればコンプリートしたモノを観たかったけれど
それは永劫、叶うことはない。

世界遺産マイケル・ジャクソン。 
・・ボクらは本当に惜しい人を失くしたのだ。



映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |

この夏アーカイブス 2/? ~2アウトからの20分・・・~

「野球は9回2アウトから。」

諦めない事の代名詞、何が起きるか分からない事の例えのように言われてきた言葉を
まさに実感させるドラマが今年の夏の甲子園、中京大中京vs日本文理の決勝だった。

三振、ショートゴロ・・で2アウト、ランナーなし。9回表のこの時点で6点差。
ところがココから、フォアボール、デッドボール、タイムリー長打に2点タイムリーを絡めて
取りも取ったり追い詰めたり・・の5点奪取で1点差!!

もしかしたら・・、やらかしてくれちまうのか奇跡ってヤツを・・
と、テンションが上がりきった瞬間に、カメラにも留まらないライナーで
終止符を打った決勝戦。
やるだけやった・・やりきった・・・さわやかな日本文理ナインの笑顔に
「やっぱ高校野球ってサイコーだあ!!」と、思いをあらたにした、この夏でありました。

市民球場




デキゴト | コメント:3 | トラックバック:0 |

捨てるホンダあれば拾うブラウンGPアリ・・・

2009シーズンも17戦全戦を終了した。
最終アブダビGPの結果を待たずしてワールドチャンプ争いは決着。
・・で、チャンピオンになったのは
「女王陛下のスピードスター」こと、このお方・・・↓

バトン

昨季まで、かなりの期待を持たれながらも
ポディウムの頂点にはあまり縁がなかったジェンソン・バトン。
事実上、ホンダに捨てられブラウンGPになったチームはほとんど終わったハズだった。
ところがどっこい、フタを開けたら去年までの大勢は下克上・・
メルセデスの加護を受けたブラウンGP、ルノーエンジンのレッドブルの2強状態は
ほとんど最後まで大勢に揺るぎはなかった。
フォースインディアに起こらなかった奇跡がナゼ、ブラウンGPに起こったか?
それは遥か高みでゲラゲラ笑ってる神様の気まぐれ以外に説明する言葉を持たないが
まさに「捨てる神あれば拾う神アリ・・」
いいトコまで行きながらついに優勝の2文字を掴むコトなく撤退を表明したトヨタ。
ガマンのトゥルーリ、飛躍のグロックにはお世話になりンした。
ブラジルでの可夢偉、一貴の日本人バトルはかなりワクワクさしてもらいました。

2匹目のドジョウがそうそうその辺に転がってる・・とも思えないが、
来季、ゴミ箱から拾ったマシンで世界を沸かせるチームは果たして・・・???

出走170回にして一握りのワールドチャンプの歴史にその名を刻んだバトンに
ココロからの 「コングラッチュレーション!!」を。




F1 | コメント:2 | トラックバック:0 |

COSMOS

cosmos.jpg

なにユエ、コスモスはCOSMOS(宇宙)なんだろう?
宇宙のナニがコスモスに似ているというのだろう、
いや、コスモスのドコに宇宙を感じるのだろう・・・
疑問はおいといて、とりあえず太陽と2ショットしてみた。
反重力を思わせる細くて長い茎、展開する太陽電池パネルのような花びら、
・・ううむ、なかなかに宇宙的?!
風に倒れてもいつしか必ず起き上がる、神秘な生命力に古人(いにしえびと)は宇宙を見た・・のだろうか。




ヒトリゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |

厚顔無恥と尻に蹴り・・・

寄席より笑える「代表質問劇場」。
前与党のセンセー方は厚顔無恥と尻に蹴り・・・いや、知りにけり。
自身の不手際を棚に上げ、ツッコミ放題はなんか滑稽。
まあ、歴代野党のルーティンワークとしちゃ、職務に忠実!?

夢はあるけど結構ムチャしちゃってる感ありあり・・の与党マニフェスト。
実現できなかった場合の責任の所在は・・なんて言いはりますが、
そーゆー前与党のセンセー方がお取りになった責任てヤツはドコ??
借金財政・・と揶揄してはりますが、こォんな借金大国にしはったンはドナタ??
「羊頭狗肉・・」が聞いて呆れますがな。

目クソ鼻クソ・・、ドングリの背比べ・・・
「野党vs与党」の、つまんない小競り合いはそろそろ止めて
そろそろ手に手を取り合ってボクら国民のため、働いてみちゃあくれませんかねえ!?

TS3H0584.jpg

ヒトリゴト | コメント:5 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。