DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

7転び8起き+α

人は格好をつけたがる生き物である。
先行したイメージにカラダがついていけずに転ぶ運動会のように
それユエ、失敗を恐れ、それユエ、一歩前に進めない。

ナニもしなけりゃカッコもつくし、失敗もないが
可もなく不可もない者に、あるのは明日のない現状維持。

笑うヤツには笑われて、馬鹿にされるならそうされて、
カッコ悪さや失敗を素直に受け入れられるなら、それでも向上の余地はある。

出来ない言い訳するよりは、トライしてその弁解をする方が、
下を向いて小銭を拾うラッキーよりは、上を向いて思いがけない空の美しさに気付く方が、
ナンボか良さげ・・・な気がするから、
                       「 7転び8起き+α 」
7回・・転んだら、ナニかを握って8回・・起きろ!

X-mas?


スポンサーサイト
ヒトリゴト | コメント:2 | トラックバック:0 |

とりあえず、そういう時期なので・・

TS3H0026マシマロ

「トリック オア トリート!」
ハロウイーンの時期が来たらしい。
「ジャック オー ランタン」、おばけのカボチャ。
おばけたちがカンケーしてるイベントらしいが、詳細はよく分からない。
分からないが、とりあえずイベントはやっとけ~~みたいな
アメリカンにも負けないニホンの「脳天気さ」はキライぢゃない。

・・で、とりあえずホンヂツのおやつは何故かマシュマロ。
お菓子だし、パンプキンだし、なんとなくハロウイーン・・といわれりゃ、ソレっぽい?!
なかなかクセになりそな「かぼちゃ味」でござンした。

さあて、季節限定モノに弱いのは世界万国共通??


試食 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹八文明。

ハラハチブンメー

先ごろ逝かれた緒形拳さんのブログ「ハラハチブンメー」。
それを見ていてインスピ・・した事がある、
    「腹八文明・・・」。
カタカナで書かれたこのタイトルが、コレを表していたかどうかは知らないが、
ボクのアタマん中にはコイツが浮かんでしまい・・・

そんなワケで、
・・作っては消費期限のカンケーで捨てられる、まだ食べられる食材、食品。
[食糧自給率] 半分にも満たないクセに、大量消費のムダ遣い大国「ニホン」在住の身で
言うのもなんだが、つくづく太古からボクらニンゲンの文明は「捕り尽くす」文明。
食料、毛皮/繊維を含む装飾品、宝飾品、鉱物資源、木材、化石燃料・・・
ありとあらゆる地球上のモノが消滅もしくはその危機にさらされているのは、
使うばかり・・の、我々ニンゲンの仕業。

「セコロジー」というコトバ自体は新しいコトバではあるけれど
腹八分目で止めておく、「やり過ぎないよう」ガマンする・・という意味においては、
アメリカ原住民(いわゆるインディアン)や、世界中に同じような意味のコトバがあるものと・・・。
今さら昔に還れ・・・つうのは、精神的/物理的にもハゲしく無理!!だろうが、
現代には現代の、最新鋭の知恵ッてモンがあるハズだから、
奢らず、メンドーくさがらず、セコく、ちびちび節約、腹八分目で分け合えば
地球の歴史におけるボクらニンゲンの寿命も少しは延びるのでは??
・・・と思うのだが、果たして!?

そんなコトをインスピレーションさしてくれた緒形さんの書に感謝しながら
最期まで役者として生きた緒形さんのご冥福をお祈りいたします・・・。

                  「合掌。」




ぱるるんメールアーカイブス | コメント:1 | トラックバック:0 |

見れたラッキー撮れなかったアンラッキー

十三夜の宵・・・
大きく開け放った仕事場の窓のムコウ
急に空を埋め尽くした黒い雨雲
限りなく濃いブルーグレイの雲間から顔を出す十三夜の月
まばゆく白く輝く、フルムーンにちょっと足りないアルテミスの足もとで
夕焼けのコーラルピンクに一瞬、染まる雲の端(は)・・・

カンペキな構図、ブルーグレイの空とシャスタホワイトな月、コーラルピンクの見事なコラボレーション!
    「  !  」
ココロのファインダーでシャッターが切れた。

何かに呼ばれたような気がして顔を上げた、ほんの数十秒・・・
あッという間に消えたマジックアワー。
記録には残せなかったけど、記憶には残せたラッキーに少なからず感謝!!




デキゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |

映像散歩

深夜にTVのスウィッチを入れたら、知らない街が映ってた。
旅人の姿はなく、カメラを持ったレポーターが風景を映しつつ現地の人々とふれあう。
・・そっか、観てるボクらが旅人か! 

ドブロブニク

「ドブロブニク」。
舌を噛みそうなナマエ。アドリア海に面した、階段と城壁、オレンジ色の屋根の街・・・。
歴史ある、クロアチア南部の一都市なのだそうだ。

街の中心を抜ける「広場通り」から北へ登っても南に登っても、階段の行き着くのは城壁。
周囲2キロにわたって街を取り囲む城壁が守るのは王宮でも城でもない、街・・そのもの。
「黄金で自由は買えない・・」と彫りこまれた城壁、どうやら自由を守ってたものらしい。

泉、伝統的な狭い出入り口の建物、石造りの細い路地、どこへ行っても在る階段。
日本で言うなら「尾道」?! 
クルマが通れる道に面した、家や建物を見慣れた目には新鮮。
いろいろ不便もありそうだけど、道行く人はみな元気に笑ってる。
きっと便利さゆえの不幸、不便さゆえのシアワセ・・・なんてものが、きっとあるに違いない!?

限られたスペースを活かして造られた庭、テラス。石壁をブチ抜いて生える樹。光と影。海風。市場。
不便とか、大変さ・・とか、そういうモノを越えた魅力が、ドブロブニクにはありそうだ。

最後にようやく番組タイトル  「世界ふれあい街歩き・・」だって。





TV | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。