DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ムーンライト・セレナーデ

DSCF0005.jpg

何も語る言葉が見つからないほどにキレイな月。

思えば月はボクらにたくさんの恩恵をくれる。
潮汐力がかき混ぜた海のスープでボクらの素は生まれた。
カラダん中の海が満月の夜に沸々とざわめくのはその証拠。

月を見ては歌を詠み、月を見ては譜を奏で、
蜂蜜色の光の下ではロマンスが語られる。

天上から降ってくる、ナニかがココロを満たしてくれる一方で、
見上げるボクらの視線を吸い込んでは
真ン丸な飴色はますます妖しく、ますます懐かしげに光り輝く。

グレンミラーのあの曲が、針のノイズも飴色に、かすかな風に乗ってきました。




DSCF0017.jpg


スポンサーサイト
季節モノのお話 | コメント:4 | トラックバック:0 |

これはこれで、レア??

DSCF0013.jpg

DSCF0011.jpg

DSCF0004.jpg

最近のガシャポン・コレクション。

上から、国立科学博物館にて「忠犬ハチ公」byサスガ!の海洋堂。
茨城県立歴史館にて「遮光器土偶」。・・・結構ビミョー!?
そして「コア・ブースター&スペースランチ」。ヨゴシverではあるが、よおく見るとランチの後部ランディング・ギアのパーツが同側部位2つになっちゃってる?!
梱包時のミス・・・であろうが、これはこれでレア???


しゅみ・・・ | コメント:2 | トラックバック:0 |

秋、近し??

20070916124223.jpg

空にはラピュタが潜んでいそうな雲・・・ですが
風には秋の匂いがします。

20070916124721.jpg

アキアカネ・・・ではありませんが、
いわゆる赤トンボ・・・「のじめとんぼ」がやってきました。

20070916130716.jpg

先日の台風の暴風で落ちたクヌギの枝にはドングリが、
まだ青い実をのぞかせています。

20070916132950.jpg

赤トンボが連れてきた風は、街路樹の葉をざわざわ・・・と揺すり
いまだ強い陽をキラキラと躍らせながら、広い空高く渡ってゆく・・・。

足もとから聞こえる虫のちいさな声が、また少し大きくなったような気がした。



未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

夏ノ思ヒ出 其ノ伍。

そおいやこの夏、「チューもんの多い料理店」・・・もとい「レミーのおいしいレストラン」を観てたのを思い出した。

マルドゥックの報告書にもノーマーク、どこの馬・・・いやネズミとも知れないパイロット「レミー」によって、汎用人型決戦兵器 人造人間「リングイニ」が、かなりのシンクロ率を以て起動した事により巻き起こる顚末を描くスラップスティックコメディーアニメ(大嘘!)なのだが、
もはやCGも、人工創造物としての機械的イメージなど微塵も感じさせない自然感と質感を手に入れたらしく、まるでアニマトロニクスのロボットの演技・・・と見まごうばかりの出来は、さすがPixer。

今回も「ハッピー・ヱヴァー・アフター」の老舗は、ハッピーエンドを期待する家族連れを裏切る事無く大団円!

・・・それにしてもリングイニの髪の毛、神経節にでも繋がってるンだろか!?

無人のダミープラグにはATフィールドは存在せぬが、「レミープラグ」には果たして・・・



マジメなアニメ話 | コメント:2 | トラックバック:0 |

夏ノ思ヒ出 其ノ四。

DSCF0010.jpg


僕の上を風が吹いてゆく。

曖昧な存在の風が
名残惜しげなセミしぐれを運んでくる。

しまい忘れた夏のレジャーシートが 
なにかに手を振るように 
物干し竿でふわり・・・と揺れた。

深呼吸するようにゆっくりと
なにかが消えてなにかが生まれる。

秋でも夏でも無い季節がきて
今年の夏が もう終わる・・・



吟遊詩人・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏ノ思ヒ出 其ノ参。

20070905082357.jpg

夏休み前に棚を吊った、ムスメの自由研究用のゴーヤが実をつけ20cmばかりに育った。
そろそろ収穫時期か?と観察していたが、ビムボー人のサガが「もうちょっと置いとくともうちょっと大きくなるかもよ・・・」と囁くので、しばらく放ッといたら、ある朝・・・

        トランスフォーマーしてた!!

豹変したゴーヤはすでにゴーヤではなく・・・イボイボの皮は裂けてひっくり返り、紅いタネが不気味にぶら下がる姿はまさに、月の無い夜中にゃ出会いたくないアクマか、コートをガヴァッ!と広げてなにやらブラブラしてるモノを誇示する変質者!

嗚呼!時間が戻せるのならせめて青々としてるうちに、喰ッときゃ良かったゴーヤチャンプルーにして?!
覆水、盆に・・・ではなく「ニガウリ、トランスフォーマー前に戻らず」
欲をかいては万事ロクなコトにゃあならん・・・とゆう、ヲべんきょ~になるヲハナシでした。



ぱるるんメールアーカイブス | コメント:4 | トラックバック:0 |

夏ノ思ヒ出 其ノ弐。

昨年秋の「進め!ウルトラ整備隊」で、市民会館1千余人の観衆を笑いとカンドーのズンドコに叩き込んでから10ヶ月・・・
プロデューサー・じゅんのじプレゼンツのブラックコメディ演劇「ヲ葬式」が、早くもこの夏の芸術館・ACM劇場に登場した。

その屋の主が死んだ当日に忍び込んだ男が出まかせについた嘘から、赤の他人の喪主になってしまう・・・とゆうバカバカしくも在り得ね~「とっかかり」から、
人生崖ッぷちの男がビミョ~な自己再生への自信を、どことなくなんとなく掴んでゆく・・・ヲハナシなのだが
今回も設定とセリフ回しのおかしさに、ハコを埋めたお客は爆笑・苦笑・ニガ笑い・・・。

ご遺体役の役者が暗転中にお棺を抜け出し何食わぬ顔で二役をこなし、エンディングにはまたご遺体に戻る・・・というイリュージョン的演芸要素や、
オーラスのオチに、男と一緒に盗みに入った相棒が舞台中央の押入れから発見され、「アンタ、誰?」「親族でございます」・・・てな、オチるべきとこにキチンとオチる、スタンダードな落語を匂わせたあたり、

        隠しテーマは寄席!?
                                       ・・・お後がよろしいようで・・・




デキゴト | コメント:0 | トラックバック:0 |

お菓子の後でも So Sweet!!

DSCF0004.jpg

女子チームが、ブドウ狩りに行ってきた。処は巨峰王国、常陸太田。
時を同じくしてテレ朝「にっぽん菜発見」でも、石ちゃんが大洗にて海産物で、奥久慈にてシャモ鍋で、常陸太田では巨峰を食して「まいう~」とやっていた。

・・・で、お土産。
濃紺の宝玉を思わせる球体・・・についた白い粉は鮮度の良さを証する「ブルーム」とかゆうモノだとか。
甘いお菓子の後で食べても、ちゃんと「甘あ~いッ!」スペシャルな魔法・・・
皮をむくのがメンドー!?なんて言わずに、さあさおひとつどーぞ。

夢中で食べて、気がつきゃ爪の間がムラサキ色になってたッ!!





デキゴト | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。