DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

車輪動物はナゼいないのか・・・

DSCF0007.jpg

ここ数年でイチバン面白かった本。タイトルは「ゾウの時間ネズミの時間 ~サイズの生物学~」本川達雄著。
動物のサイズによって寿命は違う、でも時間のスピードがそれぞれ違うので、実はゾウもネズミも同じだけの一生を生きている・・・つうハナシの本で、数年前に読んだモノだが、記憶力がワルイのか、それほど面白かったのか、また借りてきてしまった。

発端はこないだ立ち読みした、寺沢武一の「コブラ」。ある星のインディアンが足の代わりに車輪を進化させた車輪動物・・・なのだ。どっかで聞いたハナシだと、脳内をグーグル検索したらこの本を思い出した。

理想的なエネルギー効率で働く車輪をナゼ、どの動物も選ばなかったのかというと・・・
バクテリアには車輪を持つ類いも存在するものの、動物にその技術をフィードバックするには、車軸の支え方と筋肉の付き方が難しいのと、生息環境が極端に狭い!いうなれば、アスファルト・ジャングルの街を行く車椅子のようなもの。
段差、スロープ、階段・・・バリアフリーをジャマするモノはほぼ無限に存在し、悪路、凸凹、砂漠・・・未開の地などはまさに過酷な生息条件。立ち往生はまさに車輪動物の「死・・・」を意味する。
ま~、気まぐれな神様が北欧の福祉国家並みのバリアフリーを自然環境に実現できない限りは、車輪動物の芽さえ出ない・・・というワケだ。

どうやらこのホシには鉄で出来たカラダとゴム製の車輪、化石燃料が大好きだが、誰かが乗らないと動くことすらままならない、それでもこの1世紀ほどで棲息域を急激に拡げつつある、「自動車」というドウブツ以外には車輪動物はいないようである。

そおいえば「天空の城ラピュタ」に[フラップター]なる、ムシの羽ばたき機関を利用した乗り物が出てくるが、実現可能なモノ・・・かどうかの考察は、機会があったらそのうちにまた。
スポンサーサイト
マジメなアニメ話 | コメント:3 | トラックバック:0 |

人生、ままにならんモノ・・・

DSCF0099.jpg

久々にジャ○コで「ガンダム・コレクション DX 3」金弐百八拾八円也・・・を買った。いわゆるミニ・サイズのフィギュアってヤツ。
パーフェクト・ジオングが欲しかったのだが、たぶんコイツ・・・とムスコがつかんだ重そうなヤツを、彼のカンを信じて買ったら「ザメル・・・」だった。
いかにも樹脂の塊だもん、重いハズでい。
はあああ・・・でもま、「デビルガンダム最終形態」よりはいっか?!

こないだは「パラス・アテネ」を狙って「ヘヴィアームス・カスタム」。
その前は「ガブスレイ」狙いで「ソード・インパルス」。

・・・人生、本当に欲しいものはなかなか手に入らない。

嗚呼、ヲトナ買いしてえ~~!!

*画像は、YMS-16M ザメル。

GUNDAM | コメント:6 | トラックバック:0 |

キオクにまつわるエトセトラ。

みりんサンのブログを読んでいたら、ふとした拍子に甦る記憶・・・とあった。
夕立の前の土ぼこりの匂い、帰り道に見た夕焼けの色、昼下がりの草いきれ・・・そおいや、ボクもいろんなモノを思い出してる!?

なかでも多いのが「海」の記憶。・・・高校は授業中の窓から海が見える学校。
優しく霞んだ色の海。モノクロに水平線が溶ける海。幾筋もの微妙に違う青の線が創りだすグラデーションの海。
ある時はまぶしく、ある時は物憂げに、そしてまたある時は無表情に、見る者の気持ちによっても様々に表情を替える、バルコニーから見てた海。

何かにつけて足を運んだし、バカヤローを叫びに行った事も、ただただ無口に眺めていたかっただけの事も。
文化祭の打ち上げで、模擬店の残りのハマグリを焼きながら見た夜の海・・・夜空にぽっかり浮かんだ月と凪いだ波間に揺れる月・・・が、息を呑むほどに美しかった事。
百年プリントに匹敵する鮮やかさで思い出す、色褪せないアルバムの1ページ。

先日、その頃からの友達と懐かしいあの海を訪ねた。すっかり周りは変わっても、あの頃と変わらぬ素振りの海は、百年プリントのあの日のままに、やっぱりそこに在った。

そしておそらくこれからも・・・。

TS2B0141001001001.jpg


ヒトリゴト | コメント:5 | トラックバック:0 |

台風が行ったあと

台風一過・・・に広がった久々の晴れ間。夕闇迫る雑木林から一年ぶりのヒグラシの声・・・
台風が夏を連れてきたかと思いきや、相も変らぬ梅雨空模様。
夏はもおすこしお預けかあ・・・

タメイキ・・・と言えば、また、招かざる客人が来てしまった。
「中越沖地震」。
人知の及ばぬ自然の凶暴なまでの力・・・その荒波に人はただ、あらがうすべなく流される小舟・・・

ニュース画面に映らない不安、恐怖、苦労、不便さ、疲労・・・
遭遇してみなければ想像もつかない被災者の方々の心中を思う時、お見舞いの言葉さえも見つかりませんが、
「疲れた時はうつむいてエエねん」
「悲しい時は泣いてエエねん」
「不安な時は頼ってエエねん」

だからボクは、頑張れ・・・の代わりに、人を信じる。
生きているうちは生きようとする、人のチカラを信じる。
沈んだその眼の底に宿る光を信じる。

・・・だから今は休んでください、差し伸べられた手を力強く握り返して立ち上がるために。

安心して眠れる夜が一日も早く戻ってくる事をお祈りいたします。





ぱるるんメールアーカイブス | コメント:4 | トラックバック:0 |

嵐の日曜がくれたモノ。

DSCF0068.jpg

台風が近づいてるらしく朝から雨。
ムスメのキャンプもムスコのスポーツ少年団もナマカとのBBQも
ぜぇんぶ中止かキャンセル。
・・・で、ビリーズ・ブート・キャンプ。DSCF0071.jpg

なんでかミッション2から??
とりあえず通しで見ながらカラダを動かしたり動かなかったり。

ビリー、ごめんよ。ボクには根性も体力もなかった・・・

宿題してるのかゲームしてるのか、ヤケに静かなコドモ部屋。
窓辺にて新聞に目を通すカミさん。
アタシゃあ、溜まったビデオを消化したり、PCいぢって画像&音楽データの整理、ブログの更新。
そして三々五々、リビングに集いし家族の、トランプに興じる笑い声・・・

嵐がくれた、久々・・・のなんてことないダラダラ感あふれた休日。
ナニも足さないナニも引かない、サ○トリィの山崎みたいな昼下がり。
たまにゃあいっか、こんな日も。

さ、6時も回ったし、アタシゃ飲み会にレッツゴ~~!!




季節モノのお話 | コメント:2 | トラックバック:0 |

日帰りHAWAII行き

我が家のレジャーの定番・・・といやあ、スパリゾート・ハワイアンズ。あるスジからチケットが手に入るのだ。
この日は夜のフラのショウを狙ってお昼過ぎに出動。スプリングパーク、屋外の「パレオ」で遊んだ後、屋内のプールへ。
ムスコはスライダーの乗りホーダイチケットで「ワンダーブラック&ワンダーリバー」を大車輪で乗りまくり。
ボクもお付き合いでワンダーブラックを二人乗りしたが、危険防止とかでメガネを預かられ階段につまずくワ、踏み外しそうになるワ・・・

あのお・・・スライダーより乗る前がキケンなんすけど。

途中の記念撮影は思いッきしの「バカづら」が、これまたかなりのバカづらで・・・聞かんといてクダサイ!
流れるプールは一部改装、コドモ用プールはほぼ全面改装、休憩スペースが増えた。ショウステージ付近の売店、その昔はやぐらを組んだような観賞スペースだった場所は、8月のリニューアルに向けてハワイの街並みを模した感じに改装の真ッ最中。

お待ちかね・・・フラのショウは、かの映画の大ヒットの余勢をかって、演出がパワーアップ。血沸きニク躍る、いつもながらお見事!な迫力のファイアーダンスの後、常磐炭鉱節で始まったショウはハワイアンセンター変遷の語りを織り交ぜつつ、映画で蒼井憂が演ったクライマックスのソロダンスへ・・・
蒼井憂には似てなかったがピンスポ浴びたソロダンサー、メッチャきれ~やったわあ!!

蛍の光が流れ店じまい作業が始まる頃、駐車場に向かうと今まさに到着状態の資材用トラックと作業員の一団とすれ違う。おそらく夜を徹した工事が行われてるのだろう、「いつ寝とンやろか」「給料高いンかなあ・・・」ナドト大きなお世話を語りながら、ようやく塞がった手のキズをなでつつ「安全第一・・・」を祈って帰投。

つうワケで、楽しい一日をありがとう!義弟にはいつも感謝感謝・・・のDERI!なのでありました。

    

DSCF0045.jpg


デキゴト | コメント:5 | トラックバック:0 |

自己修復中・・・ごメーワクをおかけいたします。

DSCF0043.jpg

一度終りにした仕事を、ヤリ残したからと追加するもんぢゃない・・・
<ヂャングル討伐隊~番外編~>
最後にちょこっと作業してたら枝に弾かれたチェンソーの刃が左手甲に接触。
軍手はいとも簡単に破けたが、多少の衝撃緩和にはなったらしい。
神経も血管もキズつけずに皮が厚めにベロンチョ・・・した程度で、とりあえず医者要らず。
週末のハワイアンズ行きまでには塞がるかなあ・・・
画像は自己修復3日目の「サキエル君」。

切れた集中力で切削ツールを使ってはいけません!

ヒトリゴト | コメント:7 | トラックバック:0 |

ジャングルに光が射した日。

キャップ良し!イボイボ付きの軍手良し!電動チェンソー良し!いざ出陣!!
独り暮らしの父が主のゴミ屋敷、庭の陣・・・初陣である。

とりあえず狭い庭の空を埋め尽くす高枝を2階ベランダから狙うが、いきなりチェンソーの定格出力が延長コードの仕様限界を超え、過負荷に漏電遮断機が働いて通電停止!?
何度か停電。復旧。通電、また停電。を繰り返し、ようやく主因に思い当たるのに小一時間。仕方なく、ホームセンターに延長ケーブルを買いに出たトコロで、お昼を知らせる腹時計の鐘・・・

大した仕事も満足に出来とらんのに腹だけは減る。まったく70年代のアメ車のごとく、燃費の悪いエンジンである。恒例、親父のオゴリで実妹と我がムスメをまぜた4人で、廻るスシ屋へ出陣。
腹もヤル気も満タンになったトコロで、ジャングル討伐の完璧なる最終ウェポンを手に、ジェイソン・・・いや、ダイハードのB・ウィルスよろしく枝を斬りまくるオレ。

でもね。切った枝が落ちないのよね・・・密林だから 

足元のツル性植物に足を取られ、伸びた篠竹にジャマされながら、一本、また一本、と天井を支えている枝が排除され、ついに天蓋は落ちた!
見上げる空のカケラ、差し込む7月のスポットライトのなんとまぶしいコトか?!
その後も作業を続け、当社比、全体の30%ほどに青空のスキマを拡大させた「マクレーン警部」は汗だくなTシャツ、手にはホータイ・・・のコ汚いカッコ~で、とりあえず「ジャングル討伐隊」初日のエンドロールを迎えたのであった。

まだまだ続くよ「ジャングル討伐隊2.0」。次回は2週間後にロードショウ(予定)!!
陽当たり良好・・・でかえって下草がボーボーになってないとイイのだが。
デキゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。