DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014年のMOTHER'S DAY

page協奏曲

目覚めると
キッチンからの包丁の音。
炒め物のフライパンの音。
食器が触れ合い、並ぶ音。
母が奏でる料理のリズム。
古ぼけたレコードプレーヤーから流れていたのは
「パッヘルベルのカノン」。
狭いキッチンに満ちた、そんな音たちの
協奏曲のような日曜の朝。

想い出すのは、相も変わらず千の風になって
世界中を吹き回ってる母の、いつかの懐かしい風景。

2014年のMOTHER'S DAY
実の母にはココロに赤いカーネーションを1本。
義理の母にはトウモロコシの苗植えの労働力を提供。
ムスメはカミさんに「ブラックサンダー」。

それぞれに感謝をこめて、また来年「ありがとう」と言えるシアワセを・・・。


スポンサーサイト
季節モノのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

エイプリルフール?!

ちわっす、半年ぶりッス。(笑)

さて、それは星の降~るエイプリルフ~ルの深夜。
午前零時に入ったハズのバスタブで
ほんの一瞬、居眠りしたら
時計のデジタル表示は、何故か「4:00」!

まさか!と、あわてて風呂を出て、部屋中の時計を確認したら
やっぱりみんな、おんなじ時間!!

コレはいよいよ手の込んだエイプリルフールだと確信しかけたが
よく見りゃ家族はみんなで、高イビキ・・・

だいたい、ヤツらがそんなにお茶目かと言えば、
やりそうなのは、現在・・船橋にいるムスコくらい。
結局、翌日の睡眠不足によって、ゲンヂツを痛感したトコロで

ようやく我に帰ったら、
さすがに連続4時間のバスタブ睡眠はギネス記録もんぢゃないかと。(笑)



季節モノのお話 | コメント:2 | トラックバック:0 |

グッドラック&グッバイそしてチェリーブラッサム。

行きつ戻りつ・・の春だって、サクラはちゃんとやってくる。
思い返せば、長いような短かったような3年間・・・
そんな感傷めいた感覚もドコ吹く風の我が家は今、
Wの入学準備にあたふた・・と、ウレシイけれどビミョーな悲鳴!

振り返って思えば、自分を私立高に行かせるために
両親がいかばかりの苦労や心配をしたか・・という事に
恥ずかしながら親になって初めて気が付き、感謝している次第。

・・・でも、それはそれでイイんだと思う。
コドモらには、そんな舞台ウラをブレーキにせず、学生生活をリア充し
何かに一生懸命になった後の心地よい風を感じて欲しいから。
そして、アトから陽だまりのように思い出してもらいたいから。

懐かしんだり後悔したり、恥ずかしかったり誇りだったり・・・
渡り廊下の光と影、放課後の校舎に満ちた音の一つひとつを、
甘酸っぱく青臭く、思い出すとき。
それは永遠の「最後の春休み」なのかも知れません。

グッドラック&グッバイ

季節モノのお話 | コメント:2 | トラックバック:0 |

チーラカンスに3000点!

そおいや「クイズダービー」なんて番組がムカシ・・ありまして。

くいずだーびー

出場者が解答者の中から正解すると思う解答者1人を選んで
その持ち点を賭け、得点を増やしていく・・とゆう、
競馬みたいなクイズ番組でしたねえ。

先日、県立高の入試の最終倍率が発表になりました。
ひとつ前の倍率からビミョーに下がった最終倍率は
ムスメと一緒に受ける受験生の中から、約10人があぶれる計算!

比べてイイもんかどおかは別にして、
手間のかからなかったムスコ「アンギラス18歳」のムコウで
夕食後の5教科クイズに、TV視聴制限協力ナドの手間やら、
個人指導塾にもたんまり・・とおゼゼもかけた「チーラカンス15歳」。
とりあえず本人も親も、完全燃焼・・と、いかないまでも
やるだけやり切った感も、ちっとは漂わせてる今日この頃。

本番へのカウントダウンもあとわずか。
果たして、神頼みでも幸運頼みでもない、自分頼みのチャレンジは
吉と出るか?大吉と出るか?考えたくない結果となるのか??
もはや「吉報」しかイメージしてない、親のゆう名の「出場者」。
賭ける持ち点は、もちろん・・・

         チーラカンスに3000点!!!


季節モノのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏のアルバム 其の参。 ~野球はやっぱり球場で~

高校野球、茨城県大会決勝。

ジリジリ・・と陽炎ゆらめく市民球場には
金属バットの鋭い打球音・・ブラスバンドのコンバットマーチ・・
球児の一挙手一投足と、ボールの行方に沸くスタンド。

「水城VS常総」戦は、たったワンチャンスをモノにした常総学院の優勝。 
夏空に響く試合終了のサイレンの音・・・

表彰式・・マウンド上に並んだ両校の選手たちには、勝ち負けの差はあれど
   同じに汚れたユニフォーム、
   同じに灼けた精悍な顔、
   同じに張った胸の「SUIJO」のロゴ、「常総学院」の文字・・・
頑張った者同士の勇姿に、なんの違いも、言葉も要りませんでした。

・・・ココロからの拍手と歓声、エールがこだましたダイヤモンドには
熱戦の空気を冷ますように、夏の風とクロアゲハが舞っていました。

今年も、熱戦をありがとう!!

決勝戦





季節モノのお話 | コメント:1 | トラックバック:1 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。