DERI !サンのアタマん中

妄想エクスプレスなひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

F1 2011シーズン開幕!

convert F1 2011

中東情勢不安により初戦アブダビGPがキャンセルになった2011シーズン。
オーストラリアGPで開幕!となりました。

さて今季もレギュレーションに変更アリ・・・
タイヤはブリジストンに代わって「ピレリ」、
昨季からおなじみのKERSに加え、よりオーバーテイク・シーンを増やすために
ストレートでダウンフォースを減らすDRS(リアウイング可変システム)の導入。

前チャンピオン、ニキ・ラウダには酷評をもらったDRS。
KERSほどには今GPでの活躍はなかった気も。

・・・にしても、
そのKERSを全く使わずに初戦を制したベッテル、
ますますの馬鹿ッ速に「ステディ」の呼称さえチラつくのは、時期尚早??

リアウイングのサイズの規定違反でポイント獲得順位を得ながら
失格になったザウバーの2台。次回は可夢偉の大暴れに期待!!

page F1 2011 2

F1 2011 9

              「ありがとう!」

          できれば「北関東」の文字も入れといてくれたらもっとありがたいンだけどなあ・・・
スポンサーサイト
F1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

モナコを観ずしてF1は語れない。

・・・とか言いつつ、スペインGPを見逃したりするヲトコです。

バトン、アロンソ、ハミルトンにシューマッハ・・4人の新旧ワールドチャンプに、ウェバー、ベッテル。
ツワモノひしめく今シーズン、優勝者は毎回ネコの目のように変わり、
戦国時代と言われた過去シーズンを軽く一蹴する勢いは、
「ザッツ、マジで戦国時代!!」

さて、シューマッハも舌を巻く、その速さでモナコ市街地コースを制したのは
「紅い跳ね牛・・」レッドブルのウェバー、ルノーのクビサ。
もはやガラパゴス化された様相の、別次元の走りはめっちゃエクセレント!!
・・てなワケで、ポール・トゥ・ウィンで連勝のウェバー、ベッテル、クビサは放ッといて、
今回のキーは、圧巻のアロンソ・オーバー・テイク・ショウ!!
モナコである事を忘れちまいそうな、そのゴーカイで鮮やかな刺しテクは、まるで風。

over take

でもねえ、ちょっとヌカっちゃったねえ、アロンソ。
4回目のセーフティーカー導入で、このままレース終了かと思われたファイナルラップ、
セーフティーカーがピットに引っ込んでからのコントロールラインまでの間に
まさかのシューマッハにブチ抜かれ7位フィニッシュ・・・
いつぞやの確執の仕返しされた??
行ける時には行け、ッて言われてたから行っただけ・・さらりと言ってのけたけど
モナコ・マイスターにあのセコ技を披露されたら思わずニガ笑い!?
結局はペナルティー食らって12位になっちゃったけどね。
最後まで楽しませていただきました!!

なんてやってるうちに、もうトルコGP。なにやらまたウェバーがポールらしい!?




F1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

捨てるホンダあれば拾うブラウンGPアリ・・・

2009シーズンも17戦全戦を終了した。
最終アブダビGPの結果を待たずしてワールドチャンプ争いは決着。
・・で、チャンピオンになったのは
「女王陛下のスピードスター」こと、このお方・・・↓

バトン

昨季まで、かなりの期待を持たれながらも
ポディウムの頂点にはあまり縁がなかったジェンソン・バトン。
事実上、ホンダに捨てられブラウンGPになったチームはほとんど終わったハズだった。
ところがどっこい、フタを開けたら去年までの大勢は下克上・・
メルセデスの加護を受けたブラウンGP、ルノーエンジンのレッドブルの2強状態は
ほとんど最後まで大勢に揺るぎはなかった。
フォースインディアに起こらなかった奇跡がナゼ、ブラウンGPに起こったか?
それは遥か高みでゲラゲラ笑ってる神様の気まぐれ以外に説明する言葉を持たないが
まさに「捨てる神あれば拾う神アリ・・」
いいトコまで行きながらついに優勝の2文字を掴むコトなく撤退を表明したトヨタ。
ガマンのトゥルーリ、飛躍のグロックにはお世話になりンした。
ブラジルでの可夢偉、一貴の日本人バトルはかなりワクワクさしてもらいました。

2匹目のドジョウがそうそうその辺に転がってる・・とも思えないが、
来季、ゴミ箱から拾ったマシンで世界を沸かせるチームは果たして・・・???

出走170回にして一握りのワールドチャンプの歴史にその名を刻んだバトンに
ココロからの 「コングラッチュレーション!!」を。




F1 | コメント:2 | トラックバック:0 |

やっと・・・?!

今年も荒れましたなあ・・・
ナニが?ってF1開幕戦オーストラリアGP。
新レギュレーション、KERSシステム・・と、オーバーテイク・シーンを増やす策が講じられた今季も
サバイバル・サーキットの面目躍如の20台中、完走扱い3台を含む15台がゴール。
2位3位争いを演じていたベッテル、クビサは残り3周でクラッシュ/リタイヤ、
おかげさまで去年撤退したホンダにメルセデスエンジンを載せたブラウンGPが
バトン、バリチェロの55年ぶりの新チーム1、2フィニッシュ。
ピット・スタートのトゥルーリが3位表彰台・・だってえから
このコースで勝つ事が、いかに速く走るかより、いかにコース上にしぶとく居座るか、
・・・とゆうのもうなづけるハナシ。
昨年までの勢力図が180度近くひっくり返った2009F1。
なんかごッつう面白くなりそうなんですけど!?



F1 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。